TOP
41.66score

katari@

スポンサーKataribe

お祝いのプレゼントの選び方

卒業祝い、入学祝い、就職祝いを贈る季節となりました。
入学祝いを贈ることはよくあります。
卒業祝いと就職祝いは身内だけで済ませることが多いのですが、親戚や親しい間柄の場合は贈り物をすることがあります。
贈り物をする際に、気をつけておいた方が良いポイントについてご紹介します。

●卒業祝いと入学祝い
卒業するだけの場合は卒業祝いとなりますが、卒業して入学する場合は入学祝いとして贈り物をします。
入学祝いは、入学式までに贈り物をするのが一般のマナーです。
入学してから使えるような物をプレゼントして、お祝いの気持ちを表します。

●就職祝い
就職祝いは就職が決まったら、できるだけ早く贈り物をするのがマナーです。
就職してから必要になるものや、社会人になって持っておくと良いものなどを贈ると喜ばれます。
どんなものが欲しいのか、本人に聞いてプレゼントするのも決してマナー違反ではありません。

●金額の相場
お祝いをお金で包む場合の相場は、このようになっています。
・親、祖父母は:1万円~5万円
・叔父、叔母:1万円~3万円
・友人:5千円~1万円

入学や就職は本人にとって人生の節目であり、その時に頂いた贈り物は一生心に残るものです。
ずっと大切に使ってもらえそうな物を選んで、プレゼントしてみてはいかがでしょう。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2017-01-26 11:38

コメント (0)