TOP
41.17score

katari@

スポンサー健康ネット

実のところコラーゲンは肌にいいの?コラーゲンのすごい働きと、食べ方のコツとは?

「美肌のためにはコラーゲンを食べるとよい」と言われます。
「どうせアミノ酸に分解されるのだから、コラーゲンを食べても美肌とは関係ない」とも言われます。
一体どちらが正しいのでしょうか?

●それは昔の話
以前は、コラーゲンはそのまま吸収されるのではなく、アミノ酸に分解されたものが再合成され、その一部が肌を作るので、肌のハリやしわ予防にはならないと考えられていました。確かにコラーゲンはアミノ酸に分解されますが、コラーゲンの働きは、実はそれだけでななかったのです。

●コラーゲンペプチドを食べると良い
京都府立大学大学院の佐藤健司教授の研究でこんなことが発表されました。
・コラーゲンの一部はアミノ酸に分解されず、半分くらいはアミノ酸が2個以上つながった「コラーゲンペプチド」として吸収される。
・主なコラーゲンペプチドは、Pro-HypとHyp-Glyというもの。
・コラーゲンペプチドには、線維芽細胞を増殖を促す作用がある。

●コラーゲンペプチドの働き
・「Pro-Hyp」は、皮膚の線維芽細胞と関節の軟骨細胞の増殖を促す。
つまり、「肌と関節に良い」ということです。肌のハリを保つため、変形性関節症の予防におすすめです。
このタイプのコラーゲンペプチドは、「豚コラーゲン」から多く摂取できます。

・「Hyp-Gly」は、皮膚の線維芽細胞と骨の破骨細胞の増殖を促す。
つまり、「肌と骨に良い」ということです。肌のハリを保つため、骨粗しょう症の予防におすすめです。
このタイプのコラーゲンペプチドは、「魚コラーゲン」から多く摂取できます。

コラーゲンの健康効果を感じたいならば、「コラーゲンペプチド」を摂取しましょう。コラーゲンペプチドとは、コラーゲンよりもずっと分子量が小さくなっていて身体に吸収されやすくなっています。

●気を付けることは
糖分を摂りすぎるとコラーゲンはもろく硬くなり、肌のくすみ、しわ、たるみ、につながります。
せっかくコラーゲンペプチドを摂取しても、甘いものをたくさん食べていては効果が出ません。
血糖値が上がらないような工夫をする習慣も、同時に取り入れてみてくださいね。

.

最終更新日:2016-07-11 11:44

コメント (0)