TOP
45.04score

katari@

スポンサー健康ネット

青い光線から目を守らないと、後でコワイことになるかもしれません。

「ブルーライト」という言葉はご存知の方も多いと思います。
では、ブルーライトが私たちの身体に、どんな影響を及ぼすのかご存知ですか?
ブルーライトを浴び続けると、とても身体に害を及ぼすということが分かってきています。

●ブルーライトってどんなもの?

そもそもブルーライトとは何なのでしょう?
ブルーライトとは可視光線の中でも最も波長が短いものです。エネルギーが強いため、目や身体に悪影響を与えるということが分かってきました。
ブルーライトを発するスマホやタブレット、パソコンモニターやLEDライトなどが増えてきたために、今こそブルーライトを浴びすぎないようにする工夫が必要です。

ブルーライトは、睡眠や、精神的、身体的にも健康に悪影響を与えることが分かっていますが、その中でも「目」を守ることはとても重要です。
「目」に焦点を当てて、ブルーライトの影響についてまとめてみました。

●目が疲れる・見えづらくなる

ブルーライトは散乱しやすい性質があるため、目がピントを合わせるのにとても負担がかかります。ブルーライトを多く出すモニターなどを長時間見ていることで、目の疲れにつながりやすいのです。ピント調節能力も落ちてしまうため、長時間ブルーライトを見ることは避けた方が良いのです。

●最悪、失明してしまうかも・・

ブルーライトは目の奥にまで届いてしまうため、網膜にダメージを与えてしまいます。なので、ブルーライトを多く見ることで「黄斑変性」という疾患を引き起こすリクスが高くなると言われています。この眼病疾患は失明原因の第1位であると言いますから、怖い病気です。

●目を守るためにどうしたらいいの?

・長時間パソコンやスマホの画面を見ないようにするのが一番です。
・タブレットやスマホ、パソコン画面に「ブルーライトカット」のフィルムを貼るのがおすすめです。カット率の高いものを選びましょう。
・ブルーライトカットの眼鏡をかけると、ディスプレイ以外からも出ているブルーライトへの対策ができます。LED照明などからもブルーライトが出ています。
・ブルーライトを低減させるアプリがあるので、利用するのもひとつの方法です。

●まとめ

最近目が疲れる、見づらい、と思うことがあれば、ブルーライトの影響を疑ってみて、対策することをおすすめします。
目に自信があっても、ブルーライトから目を守ることは今後の目の健康を大きく左右しますので、対策することをおすすめします。

.

最終更新日:2016-03-11 11:33

コメント (0)