TOP
45.63score

katari@

スポンサーKataribe

子どもの為の、住まいの環境作り。

子育てをするのに、賃貸住宅か、マイホームかどちらが良いとお考えですか?
やはりマイホーム一戸建てでの子育ての方が、より多くのメリットがあるのではないかと思います。

●近所付き合いで子どもも親も助けられます
一戸建てならではの近所付き合い。賃貸住宅だとどうしても近所付き合いは希薄になりがちです。
近所に住む様々な年齢の方達と付き合い、見守られながら育つということは、社会性を育てるのにとても有効です。
子どもだけでなく親にとっても、地域で協力し合いながら生活していくことは、生活を豊かにする要素のひとつでもあります。

●土があるっていい!
マンションやアパートでは、土を触る機会が減ってしまいます。
庭や花壇の土を触ることによって穏やかな気持ちになり、ストレスを貯めないようにしながら生活することができます。
また、小さい頃から土をよく触って育った子は、とても強い免疫力を得られると言われています。健康面でもマイホームの方が有利であるということです。

●したいことができる
賃貸住宅に住んでいると、禁止されていることが結構あるものです。例えば、「楽器を弾けない」「動物を飼えない」「部屋のリフォームができない」などといったことです。
子どもが育っていく過程で、いろんなことにチャレンジできる環境であるマイホームでのびのびと育つ方が、子どもはより多くのことを身に付けることができます。子どもにとって、経験は宝になります。

●最も大切なことは
のびのびと子どもが育っていくには、居住環境が少なからず影響を与えると考えられますが、何よりも大切なのは「親の愛情」です。住まいは子育てをする際の、「親から子への愛情」を形として現したもののひとつであるとも捉えることができると思います。
一戸建てでないとダメ。ということではなく、子どものために家族のために、素敵な「ホーム」をつくるということは、愛情を感じる住まいをつくっていくということです。
「親の愛情」が子どもの最も大切な住まいなのです。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2016-03-17 21:35

コメント (0)