TOP
43.51score

katari@

スポンサーKataribe

乳酸菌でお口ケア。乳酸菌の意外な働き!

「乳酸菌」と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?
「腸の健康!」
そうです。他にありますか?
実は、腸以外ででも私たちの身体の健康を助けてくれる乳酸菌があるのです。

●乳酸菌の働きは様々
乳酸菌は数千種類以上が見つかっていると言われていますが、それぞれの乳酸菌は様々な違う働きをすることが分かっています。
整腸作用、ピロリ菌の活動の抑制、アレルギー緩和、美肌効果、免疫調整効果などです。

●歯周病・虫歯予防に「乳酸菌」!?
乳酸菌の中でも、口の中の健康を助けてくれる乳酸菌があります。
口臭を発生させる菌、歯周病菌、虫歯菌などの増殖の抑制や殺菌の働きをしてくれる乳酸菌が、いくつも見つかっています。
強い殺菌剤は、口の中の悪玉菌だけでなく、善玉菌も殺してしまいます。乳酸菌を食べるのであれば、善玉菌を殺すのではなく善玉菌そのものを摂取することになりますので、乳酸菌摂取で口の中に増えた善玉菌が、悪玉菌を退治してくれることになります。
虫歯や歯周病予防のために丁寧な歯磨きはもちろん大切ですが、「口内環境を良くする乳酸菌を増やす」ということも口内ケアに大切なことなのです。

●口の健康は身体全体の問題
歯垢と呼ばれる「プラーク」は、虫歯や歯周病だけでなく心筋梗塞を引き起こしたり、糖尿病を悪化させたり、高齢者の誤嚥性肺炎を起こすことが分かっています。
口の中の問題は口の中だけにとどまらず、身体中に影響があるということなのです!

●「菌活」始めてみる?
口の中の健康を助ける乳酸菌には、 LS1(TI2711)、ロイテリ菌、WB21、L8020、などが見つかっています。
虫歯、口臭、口の中のねばつき、歯周病などが気になる方は、乳酸菌の力を借りてみるのはいかがでしょう?

#口内環境 #虫歯予防

.

最終更新日:2016-07-13 16:07

コメント (0)