TOP
43.88score

katari@

スポンサー健康ネット

おいしく食べて美しく痩せる体質になる方法とは?

ダイエットをしたことがありますか?
ダイエットが成功して、今もそれを維持しておられますか?
特定の食品ばかりを食べるダイエットや、ひたすら食べないダイエットもあり、様々なダイエットがあります。
しかし、無理なダイエットをすると逆に身体を壊してしまったり、リバウンドで太りやすくなってしまったという話もよく聞きます。
どんなダイエットが本当に良いのでしょう?。

・健康によい
・美しく痩せる体質になる

そんなダイエットの方法をご紹介したい思います。

●野菜を食べよう
「野菜?食べるだけで本当に痩せるの?」
と思われるかもしれませんが、健康的にダイエットをするには、野菜を食べることは欠かせません。

●カギは水溶性食物繊維
野菜などに含まれる水溶性食物繊維を食べると、食事時の血糖値の上昇が緩やかになり、ダイエットや糖尿病防止になります。
また、水溶性食物繊維は余分な脂肪を吸着して排出する働きもあります。

●腸を整える働きをする
水溶性食物繊維は便を柔らかくし、排便をスムーズにすることで便秘を改善します。
また、水溶性食物繊維は腸内で善玉菌のエサになり、腸内環境がよくなります。腸内環境がよくなると代謝もよくなります。

●「短鎖脂肪酸」の働きはすごい!
腸の善玉菌であるビフィズス菌、バクテロイデスは、水溶性食物繊維をエサにしています。そして「短鎖脂肪酸」を作ります。
この「短鎖脂肪酸」は体中に運ばれて細胞に取り込まれます。短鎖脂肪酸が取り込まれた細胞は、脂肪が取り込まれにくくなり、太りにくい体質になるのです。
また、短鎖脂肪酸は、過敏性腸症候群やガンの予防の働きをすることが分かっています。

●水溶性食物繊維を多く含む食べ物
・ごぼう、切り干し大根・らっきょうなどの根菜類
・ひじき・のりなどの海藻類
・おくら・モロヘイヤなどのネバネバ食品
・納豆
・アボカド
・大麦
・オートミール
水溶性食物繊維と一緒に、ビフィズス菌が含まれる食べ物や、オリゴ糖を一緒に食べると、更に腸内環境を良くします。

腸内環境を整える食生活は、自然とダイエットになっています。
水溶性食物繊維を摂ることを心がけて、美しく痩せる体質を目指してくださいね。続けることで体質が変わってきますよ。

.

最終更新日:2016-07-06 22:07

コメント (0)