TOP
43.88score

katari@

何をシェアするシェアハウス?

「シェアハウス」に住んでみたいと思いますか?
シェアハウスにはどんな人が暮らしているのでしょう?
一時的な住まいとして利用していたり、外国人も多く入居しているという特徴を生かして国際的な交流を求めて利用したり、という人が多いようです。

●若い人だけのものではない
シェアハウスというと、若い人たちが利用する所というイメージがつきものですが、実は「老人用シェアハウス」というものも存在します。
一人暮らしで歳をとってきて、一人で暮らすのが心細くなってきたり、人とのつながりが欲しいという人が入居しています。
これからの時代、こういう需要が増えていくのではないかと思います。

●長く住むためのシェアハウスを!
現在、シェアハウスといえば一時的に住むことを想定したシェアハウスが多いのですが、これからの時代「死ぬまで住んでもいい」というようなシェアハウスが増えてきた方がいいのではないかと思います。
長く一緒に住むからこそ、他人が家族のようになり、お互い助け合って生きていくことができます。そんな生活は一人で暮らすよりも豊かで、一人でできないことも数多く経験することができます。

●シェアハウスで暮らす為に必要なこと
終身居住型シェアハウスがあるとしたら、そこで暮らす人たちは、実際は家族ではないけれど「仲間として」お互い助け合って暮らすのが、理想的ではないかと思います。
そこで重要になってくることは、「他人を思いやる心」です。自分のことばかりを考えて暮らすのではなく、お互いを思いやって暮らすからこそ幸せに暮らせますし、お互いが大切で必要である環境で生活するということは、とても大切なことではないかと思うのです。

これから様々なタイプのシェアハウスが増えてくれば、住んでみたいと思うシェアハウスに出会うかもしれません。シェアハウスの経営者に求めたいことは、ただ収入を得る為だけの運営ではなく、シェアする部分を大切にすることを追求し続けて欲しいということです。
すばらしいものをシェアして暮らせるシェハウスに住んでみたいですね。

.

最終更新日:2016-04-01 20:45

コメント (0)