TOP
38.07score

katari@

夏バテの原因と予防方法とは?

暑い夏が続くと、身体がだるくて食欲がなくなる夏バテは、つらいですよね。
実は、この夏バテは、自律神経の働きが乱れることから引き起こされます。
夏の暑さや紫外線などにより、自律神経が酷使されて疲れてしまい、バテてしまうのです。
ですから、夏バテを回復させるには、自律神経をいたわって、働きを回復させることがポイントになります。

●冷えすぎは禁物
暑いからといって、氷が入った冷たい飲み物をゴクゴク飲んだり、エアコンで部屋の温度を下げすぎてしまうことが、自律神経を疲れさせる原因になります。
寒暖差がありすぎると、身体の体温を調整をするために、自律神経が酷使されるのです。
もちろん、汗がどんどん出るほど暑さを我慢し続けることも、自律神経を酷使します。

●温度はほどほどに
外の気温に対して部屋の温度を下げすぎず、温度差が激しくならないように、エアコンの温度を設定しておくことが、自律神経をいたわることにつながります。
冷たい飲み物も、飲みすぎないように気をつけましょう。
冷たい飲み物ばかり飲んでいると、飲むたびに身体の内部が冷え、血圧も上がるので、体温や血圧を調節するために、自律神経が疲れてしまいます。

●回復のカギは規則正しい生活
弱った自律神経を回復させるためには、睡眠をしっかりとり、3食栄養のある食事をを適量食べ、適度に身体を動かして、規則正しい生活をすることです。
特に食欲がないからといって「そうめん」など、炭水化物ばかりとっていると、弱った身体が回復しないので、夏野菜、夏の果物、タンパク質なども、しっかり食べるように心がけましょう。

まだまだ暑さが続きます。
自律神経をいたわって、夏バテしないように、夏を過ごしてくださいね!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2017-08-21 17:38

コメント (0)