TOP
46.14score

katari@

スポンサーKataribe

シェアハウスでシェアするのは場所だけではない!

「シェアハウス」が今、注目を浴びてます。どんな所なのかご存知でしょうか?

シェアハウスには各自自分の部屋がありますが、キッチン、バス、トイレ、リビングなどは、共有スペースとなっています。
入居料金は比較的安く、必要な家具、電化製品、食器類も揃っているため、気軽に入居することができます。

また保証人や敷金礼金が必要ない場合が多く、初期費用が少なくて済むというメリットもあります。
光熱費などの心配もしなくてよいし、自分の部屋以外にも広々とした共有スペースを使える魅力もあります。
中には、入居者同士の交流に力を入れていたり、スタッフが常駐しているシェアハウスもあります。

気軽に入居できることから、外国人も多く利用しています。
ですから、シェアハウスを利用する人の中には、出会いを求めて入居する人も多いのではないかと思われます。
とても楽しそうなイメージがあるのですが、時に不便なことはないのでしょうか?

●やっぱり自分の部屋にトイレ・お風呂が欲しい!
シェアハウスではトイレ・お風呂は共用ですが、やはりトイレには他の人に気兼ねせずに入りたいし、好きな時にキレイなお風呂にゆっくり入りたいですよね。
もしそのシェアハウスで、トイレやお風呂、共有部分の清潔が保たれていなかった場合も、くつろげなくなってしまうのではないかと思います。
多くの人と一緒に上手く暮らすということは、いろんな場面で折り合いをつけて上手くやっていくような、人間力が試される場所かもしれませんね。

●人間関係のトラブルは、やっぱり大変!
入居者同士の中で、もし険悪な仲になってしまった人がいたとしたら、そのシェアハウスに住みづらくなってしまう可能性があります。
みんなが仲良く、協力しながら生活するのが理想的ですが、やはり人が集まれば人間関係のトラブルはつきものかもしれません。
でももしかしたら、すばらしい出会いがある可能性もあります。

●落ち着かないかも・・
シェアハウスに、自分の持ち物全てを持ち込むというのは、考えにくいことです。よほど持ち物の少ない人ならば可能かもしれませんが、やはり必要なものだけを持ち込んで生活をすることになると思います。
人は自分の持ち物のある所が、自分の家だと感じるものですから、シェアハウスは「一時的に住むための部屋」という少し落ちつかない気分で、暮らすことになるのではないでしょうか。
逆に考えると、気軽に一時的な住まいを借りたい人にはぴったりかもしれません。

シェアハウスによって、住み心地も様々です。
シェアハウスを探している人は、いろんな物件を比べてみてくださいね。

.

最終更新日:2016-04-01 19:14

コメント (0)